新規会員登録300ポイントプレゼント
FAXによるご注文はこちらから(PDF) 大量注文や大口のお客様はこちらから レディ東京LADY TOKYO
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      


 
ふるさとWEB物産展 > 会津ガラス工芸の漆塗り 清酒杯(黒内朱)[H001]

会津ガラス工芸の漆塗り 清酒杯(黒内朱)[H001]

商品コード : H001_01
製造元 : 会津漆器
価格 : 2,800円(税込:3,024円)
ポイント : 28
数量
 
  • そのままの質感と色をお伝えしたくて・・・私が惚れ込んだ匠の逸品なのです!!
    私自身、大切にしている宝物!!
    工芸の世界、若輩者ながら、いろいろなモノを見てきました。食の世界も、お酒と交えて日本の素晴らしい食を給料と引き換えに愉しんできました。そのうち、分かってきたこと、それは
        ホンモノには、言葉がいらない・・・。
    この職人芸、この作品に携わる先生方は決して一人ではなく、その地域の色々な職人を超えた先生方が、良いモノを創ろうという情熱が織りなすハーモニーの至高の逸品なのです。この技術と文化が、無事に継承されてゆけばよいのですが、そんな事まで考えさせられてしまいます。この作品、あと何年拝めるのだろう?? そう思わずにはいられないんです。
  • 会津ガラス工芸×うるし塗りの技法
    会津漆器の和=西洋伝来ガラス工芸のマリアージュの逸品

    会津漆器の生産は天正十八年(1590年)時の藩主・蒲生氏郷公が基礎を築かれ、寛永二十年(1643年)会津入りされた保科正之公が堅牢美麗な漆器生産に特段の力を注がれ、素晴らしい会津漆器が誕生致しました。この伝統ある技法を、西洋伝来のガラス工芸に素材を求め「和」と「洋」の融和と言える「会津のガラス工芸×うるし塗り」を誕生させました。
    皆様の生活の中で、惚れ込んで末永く御使用頂けましたら幸甚です。
店舗詳細を見る

手入れのしかた
ご使用後は直射日光を避け手早く洗い、柔らかな布で水分をよく拭き取ってください。お客様の生活とともに末永く御愛用いただけましたら幸甚です。

【注意事項】
通常ストックしている在庫がない場合、特殊商品のため、約2〜3週間ほどお待たせする場合がございますが、特性上、完成まで非常に時間のかかる商品でございますので、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

原産地:日本
加工地:会津若松
寸法:Φ63×97mm
外箱寸法:110×70×65mm
総重量:20g
 
 
本商品はお取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。
誠に恐れ入りますが、何卒ご了承ください。
また、以下の場合には追加送料がかかる場合がございます。

・沖縄、離島および一部地域への配送時
・大型商品の複数購入時
・同梱区分が異なる商品の複数購入時
 
 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

グラス・陶器

会津漆器 漆塗り×ガラス蒔絵 ぐい呑み胡蝶蘭(黒内朱)[H001]

会津漆器 漆塗り×ガラス蒔絵 ぐい呑み胡蝶蘭(黒内朱)[H001]

5,000円(税込:5,400円)

会津ガラス工芸の漆塗り 清酒杯(朱)[H001]

会津ガラス工芸の漆塗り 清酒杯(朱)[H001]

2,800円(税込:3,024円)

会津ガラス工芸の漆塗り フリーグラス(黒内朱)[H001]

会津ガラス工芸の漆塗り フリーグラス(黒内朱)[H001]

3,000円(税込:3,240円)

会津ガラス工芸の漆塗り フリーグラス(朱)[H001]

会津ガラス工芸の漆塗り フリーグラス(朱)[H001]

3,000円(税込:3,240円)

会津ガラス工芸の漆塗り ESTREMO FLUTE PAIR(エストレモフルートペア)[H001]

会津ガラス工芸の漆塗り ESTREMO FLUTE PAIR(エストレモフルートペア)[H001]

13,000円(税込:14,040円)

会津ガラス工芸×漆塗り×ガラス蒔絵 ぐい呑み胡蝶蘭(朱)[H001]

会津ガラス工芸×漆塗り×ガラス蒔絵 ぐい呑み胡蝶蘭(朱)[H001]

5,000円(税込:5,400円)

ふるさといろはの発注の仕組み

ふるさといろはの発注の仕組み